投稿

3月, 2010の投稿を表示しています

Mac→Vistaお引越し第三弾:iPhotoをWindowsへお引越し

イメージ
Desireの発表に驚いて延び延びになっていたiPhotoお引越し。記事としてまとめることができました。

iLifeの中でも特に使用頻度が高いのが「iPhoto」でしょう。カメラをつなげば自動で写真を取り込めて、フォルダ・アルバム管理もできる優れモノ。ちょっとしたレタッチもできて、ライトユーザーにはありがたいソフトです。今日はiPhotoで管理していた写真をWindowsに引っ越します。

まずはWindowsで使う写真管理ソフトを選ばなければなりません。

・フォルダ管理、アルバム管理がソフトウェア上で行えること
・リムーバブルメディア、カメラをつないだときに自動で取り込みが行えること
・簡単なレタッチ、リサイズが行えること

以上の3点から、Googleが提供している「Picasa3」を使用することにしました。

では早速お引越し開始です。まずはiPhotoの写真をエクスポートします。Picasaにインポートした際にいちいちアルバム別に写真を整理しなおすのは面倒なので、 アルバムごとに画像を書き出していきます。
アルバムを選択してから ファイル→書き出し で書き出しが可能です。
書き出しのとき、出力するファイル名を「アルバム名を使用」にして、アルバムごとにフォルダをおくと管理が楽です。
書き出し終わったらWindowsマシンのPicasaに取り込みます。Picasaは指定したフォルダを監視して、新しい画像ファイルが見つかれば自動的にライブラリに追加してくれます。今回はその機能を活用して「ピクチャ」フォルダ内に、出力した画像フォルダをそのまま置きました。 するとPicasaが起動した際に勝手に画像を見つけてライブラリに追加します。
 「新規アルバム」をクリックしてアルバムを作成、フォルダをそのままドラッグしてしまえばiPhotoと同じ状況に!
画像は自動でインポート、フォルダもアルバムも完全にソフトウェア管理なところが、Macライクで使いやすいです。監視フォルダの設定は ファイル→ Picasaにフォルダを追加 などから行えますが、これもグラフィカルで使いやすい。こういった設定が、簡単に行えるのもいいですね。
さらに注目したいのがココ

「人物」「場所」「タグ」でも管理できます。人物の識別制度は試していないのでわかりませんが、iPhoto09で追加され話題になった機能「人々(Pe…

Desire登場!

イメージ
SoftBankMobileよりHTCの新型Android端末「Desire」が登場しました。
まさかこのタイミングで発表があるとは。。。しかも発売は4月下旬。速いぞ、SoftBank!Appleとの関係は大丈夫なのか!?(笑
さすが新型とでも言いましょうか、スペックも素晴らしい。XperiaやNexusOneとの比較をどうぞ。
iPhoneはAndroid端末でもなければ最新の端末でもないので、比較までに。HTCの新型なので、もちろんNexusOneに遅れをとってはいません。細かいところではトラックボールが工学センサーに変わっていたり、色々とパワーアップしています。RAMも増えていい感じです。
では、我らがXperiaさんは負けているのか?そんなことはない!ハズ。。
XperiaはシステムRAMが256MBとHTC端末の半分なのが悲しいところ。しかしグラフィック専用に128MBのRAMを備えているので、GUIにおける体感速度は高いでしょう。あとはアプリとの兼ね合いですね。
HTC勢がWVGA3.7インチなのに対してXperiaは4.0インチフルWVGAとなっています。タッチパネル搭載端末としては画面が大きいのはありがたいですし、情報端末として解像度は高いに越したことはありません。しかしDesireの液晶が有機EL。外で見ることも多いでしょうから映りのキレイな有機ELはモバイルという点では優れているかと。
OSのバージョンは問題にならないでしょう。HTCvsAppleの戦いにキリがついたら、XperiaのOSもすぐに場ジョンアップされるでしょうから。
Xperiaはカメラの画素数も高いですね。SNSなんか使ってると、出先で写真を撮ってすぐアップ。何てことも多いと思います。ただ、画素よりもレンズ。携帯電話のカメラのレンズなんてたかが知れてるので、ここは購入の決め手にはならないかな?バッテリーの要領がXperiaは100mAh多いのに注目。モバイルするモノとして、ここは重要です。
最後にデザイン。これは個人の好みもあるでしょうがiPhone、Xperiaの勝ちでしょう。オシャレです。

ざっと見てみました。スペックをとるならDesire、デザインとdocomo回線(笑 でXperiaってとこでしょうか?

閑話休題

イメージ
iPhotoのお引越し記事の完成まで、もう少しお時間がかかりそうなので。


前回お引越しをしたiTunes。ちょいと不具合がありましたが、大きな問題も無く普通に動いています。
が、重すぎる。
よく「MacのiTunesは軽い」なんて聞きます。今の今までMacでiTunes使ってた自分としては「そうなの?」って感じでした。しかしまあ、実際にWindowsで使ってみると重いの何の。話になりません。
実際どの程度重いかというと、

・Windowsマシン:Pentium D 3.4Ghz+独立GPU →CoverFlowカクつく
・Mac mini(late2006)CoreDuo 1.66Ghz+オンボードグラフィック(945GS) →CoverFlowサクサク

。。。おいおい。どーゆーことですか?(笑
ソフトウェア的に色々と原因があるのはわかりますが、いくらなんでもこれはヒドイ。一度MacでiTunesを使った人間には、とても使えたもんじゃありません。せっかく引っ越したiTunesですが、iPodの管理は引き続きMacで行うことにします。

iTunesが消えたWindowsマシンには、別のソフトに入ってもらう予定です。入れました。

それは「MediaGo」 SONY製の音楽管理ソフトです。Xperiaを正式にサポートしているのでこちらを使用してみます。(もともと、Windowsを準備した本来の目的は、Xperiaの母艦準備だったんですけどね)
SONYの音楽管理ソフトにはかつて「SonicStage」という、伝説級の代物がありました(笑
その不安定さと使いにくさで大ヒット。PSPを買った際に導入して、2週間で3つ4つの不具合に出会うことができた懐かしいソフトです。そのせいでSONYのソフトにはあまり良いイメージを持っていなかったのですが、MediaGoはなかなか評判もよく、期待できそうです。今は頭の中でMacのiTunesとWindowsのMediaGoの音楽ファイルを同期させる方法を考え中。MacのHDDを、MediaGoが監視するように設定したら簡単そうかな?
何はともあれ発売まで発売まで1週間を切ったXperiaが楽しみです。Windowsだけでなく、Macとどこまで連携できるかも試してみるつもりですので、Macつながりでこのブログを見に来てくださっている方もお楽し…

Mac→Vistaお引越し第二弾:iTunesをお引越し!

イメージ
iPhotoのお引越し方法を紹介する予定でしたが、急遽iTunesのお引越し方法に変更させていただきます。

iTunesのお引越しはとっても楽チン。なんてったってWindowsとMacで共通のソフトウェアですからね。それでは引っ越しましょう。
まず、Macでの作業。音楽ファイルとライブラリデータをまとめるために、ライブラリの整理を行います。「ファイル→ライブラリ→ライブラリを整理」をクリック。すると小さなウィンドが出てきますので、チェックできるところは全部チェックを入れます(「iTunes Media」による管理方法を使用していなかった方は2つ、使用していた方は1つチェックを入れることになるはず)
 この作業ですべての音楽ファイルが「ミュージック」フォルダ内の「iTunes」 にコピーされ、それに伴いiTunesのライブラリファイルもそちらの音楽ファイルをiTunesで扱うよう設定し直されます。
ライブラリの整理作業が終わったら「ミュージック」フォルダ内の「iTunes」を丸ごとコピー。外付けHDDなどでWindowsマシンへ。
コピーした「iTunes」フォルダを、「ミュージック」フォルダ内の「iTunes」と置き換えます。(WindowsにはあらかじめiTunesをインストールしておいてください。設定はデフォルトのままでOKです。)
次に、Macで使っていたライブラリファイルをWindowsで使うために「iTunes」フォルダ内の「iTunes Library」というファイルに、拡張子「.itl」を付加してください。これでWindowsでも読み込めるようになります。(そのほか、いくつかのライブラリファイルがありますが、そのままでOKです。)
 これで作業は終了。iTunesを起動すると以下のダイアログが出るはず。
以上で再生回数やプレイリストをそのままWindowsへ移行できました!!

と、おもいきや、なぜか何曲か「ファイルが見つかりませんでした」と表示されてしまう。手動でファイルを指定してやればいいだけの話だが、どうもしっくり来ない。手順に間違いは無いハズだけど。。。
なにか ミスがあれば、コメントにてお伝えください。

ちなみに、みればわかると思いますが、作業自体はライブラリファイルの拡張子変えてるだけです。ライブラリの統合は、データのコピーを楽にするのが目的です。(…

Mac→Vistaお引越し第一弾:OSをチューニング

イメージ
さて、ついに完成した自作マシン。WindowsVistaをインストールしました。
。。。重い。さすがVista様。噂には聞いていたけどこれほどとは。。。
ってことで少しだけチューニング

・Windowsの機能の無効化
コントロールパネル→プログラム→Windowsの機能の有効化または無効化 から設定
「Windowsミーティングスペース」「RDC」「ゲーム」「Windows DFS レプリケーションサービス」を無効化。起動時に読み込むプログラムが減るハズ。

・サービスの停止
コントロールパネル→システムとメンテナンス→管理ツール→サービス から設定
「Ready Boost」「Tablet PC Input Service」 それと「Windows Media Center」関連のサービスを手動に設定。起動時に読み込むプログラムが減るハズ。

以上の作業で起動はかなり速くなりました。
起動後はやたらとメモリを喰うので、余剰メモリをRAMdiskに設定して、そこを仮想メモリ領域にしたりしてます。たった700MBなので効果があるのかは微妙。とにかくメモリをキャッシュしすぎ。ホントヤメテクレ。
視覚効果の調整ですが、「Windows Aero」は無効にしないほうがいいみたいです。視覚効果っていうと、片っ端から無効化していったほうがいい気もしますが、そうでもないようで。
「Windows Aero」はDirectX9を使用したGUI。つまり描画にはGPUを使うワケです。XPまではCPUが行っていたデスクトップの描画をGPUが行うことで、CPUの負担を減らすことができます。今回作ったマシンも申し訳程度でも独立したGPUを乗っけているので、Aeroは有効化したまま、「デスクトップで右クリック→個人設定→ウィンドウの色とデザイン」から、「透明感を有効にする」のチェックをはずしました。その他効果は見た目との兼ね合いもあるので表示のアニメーションやフェードイン・アウトなどのみ無効化しました。

今度は使い易くするためのチューニング。
 まずはタスクバーとスタートメニュー。ここが使い勝手のポイントです。せっかくの多機能なタスクバーなので思う存分活用します。

・タスクバーをドックとして使う
 特に目新しいことではありません。
タスクバーには「クイック起動」というモノがあります。ここによく使うアプ…

PC組みました

イメージ
前々回の記事で紹介したPCパーツで一台組みました。
 既に手元にあったのがこちらのパーツたち。CPUとM/BとRAMとクーラー

このままでは組めないので、さらにパーツを買い足してきました。
 PCケースとRAMとグラフィックボード。RAMはDDR2-800 2GBが2980円だったので思わず2本買っちゃいました。

 ささっと組んじゃいます。M/BがATXサイズだったのでデカイです。Mac miniが何台入ることやら(笑 CPUクーラーつけるとき、シリコングリスの代わりに熱伝導シートを使ってみました。
 手が汚れないし、何より余って処分に困ることが無いのでコチラに。熱伝導率の違いでいくつか種類があったので、上から2番目の35w/mkをチョイス。シリコングリスに11w/mkと書いてあったので性能的には上のハズ。
グラフィックボードは一番安かったヤツ。ゲームはしないので特にこだわりはありません。ファンレスで補助電源が必要無いので自分のニーズにはぴったりです。

完成です。フロントはメッシュ、両脇にはLEDが仕込まれていて青く光ります。

さあ、つぎはOSです。

Mac miniの起動時間。3.5インチHDDはすごい

タイトル通り、Mac miniの起動時間を計ってみました。
つい先日Mac miniのを2.5インチHDDで動かすことがあり、そのときあまりにも遅かったので。使用しているのはMac mini(late2006)に最初から積んであった2.5インチHDD(型番忘れた)と、現在使用している3.5インチHDD(日立 HDS721050CLA362)です。HDDの中身は「CarbonCopyCloner」で完全に同じ状態を再現しています。
それでは動画でどうぞ!
2.5インチ

3.5インチ

どうでしょう、3.5インチHDDの圧倒的な速度は!2.5インチHDDのときには画面が白くなってからデスクトップが完全に表示されるまで1分近くかかりますが、3.5インチHDD仕様時は30秒で起動が完了します。
プロセッサの処理速度やRAMの容量も重要ですが、一番体感速度に差が出るのはHDDでしょう。3.5インチHDDでこの速度差。SSDだとどうなるんでしょうか。末恐ろしい(笑

ちなみに起動の動画はiPod Nanoで撮ってます。液晶を撮影したのでホワイトバランスや露出がおかしなことになっています(^^;
カラオケに持っていけば、その場で撮影してちょっとしたネタになるし、買い物のときにはメモ代わりに撮影したり、なかなか便利ですよ

Xperiaへの期待。

イメージ
前回の記事に、ちょこっと書きましたが
Xperia予約しました!!
Xperiaとは、ガジェット好きの皆さんならご存知の通り、ドコモから発売予定のフルタッチパネルスマートフォンです。ちょうど今使ってる携帯が2年契約の縛りを脱するのと同じ時期の発売ということもあり、悩みに悩んだ末、購入を決めました。

たまに友達とメールしたり電話したりで、もっぱら親や生徒会役員・ボーイスカウトの関係者の方との連絡に使っていることが多い、本当に「電話」として使用していた携帯電話。電話とメールができれば良いので、つい最近までは機種変更しようなどとは思ってもいませんでした。
しかしツイッターを始めてから、出先でツイートするために携帯電話を使う機会が多くなり、それにつれて携帯電話でネットを使う機会が増えていきました。塾での勉強の合間にツイッターのTL眺めたり、価格.comでPCパーツの品定めをしたりするのがちょっとした楽しみです。携帯電話でネットを使うようになると今度は「表示の遅さ」と「閲覧できないPCサイト」が気になり始めます。そこでXperiaにたどり着きました。
気になるスペックはこちら

OS:Google™ Android Donut version 1.6
メモリ:RAM 384MB  ROM 1GB
プロセッサ:1GHz Qualcomm Snapdragon™ QSD8250
その他に、フルワイドVGA TFT液晶・IEEE802,11b/g準拠無線LAN・810万画素CMOSカメラ搭載 

NexusOneに搭載されたことで話題のSnapdragonを採用しています。OSもAndroidなので自由度が高そう。何よりGoogle謹製のOSなのでGmailユーザーとしてはありがたい限り。また、独自アプリケーションの「Timescape」機能も面白そうです。なんでも電話・メール・Twitter・Facebookなどの複数のコミュニケーションツールの履歴を一括して時系列表示できるそうです。
タッチパネルのキーボードも日本語入力がしやすいように工夫がされているようで、ツイッターの利用がスムーズになるだけでなく、ブログの記事をふと思いついたときに書き留めたりなんてこともできそうです。

XperiaはソニーエリクソンがiPhoneキラー(?)として送り出した注目アイテムです。早く手にしたい♪

念願の夢、叶う?

イメージ
先日あるものを手に入れました。
コレです!!
マザーボードとCPUとCPUクーラーとメモリです。これで念願の自作PCができます♪
肝心のスペックです。

CPU:Pentium D 945
RAM:DDR2 533 512MB*2
M/B:intel DP965LTCK

CPUは超発熱・電気喰いで有名なNetBurstの最終モデルPentium Dです。クロックはなんと3.4Ghz(笑  とは言っても、945はPentium Dの中でも後期モデルにあたるので、製造はプロセスは初期のCore2シリーズと同じ65nm。TDPは95Wなので初期のPentium D 3.4Ghzの130Wに比べれば相当マシです。
RAMは512MB*2=1GBと、ちょっと少なめ。もちろんノーブランド。2GBは欲しいところですが、今はメモリの値段も上がってるようで。一時期は1GB*2が3000円で売ってたりしたのに。買っとけば良かった。。。(そうはいっても一年前
M/Bはintel純正。搭載されているチップセットは2006年にCore2が発売される前あたりから出てるP965。メーカーサイトによるとBIOSのアップデートで初期の製造プロセス65nmのCore2までなら動かせるそうです。これは有り難い。
ちなみにCPUクーラーはCoolerMasterの製品でした。

近々これらのパーツを使ってPCを組んでみますよ。あとは、電源・ケース・グラフィックボードを用意せねば。うーん、楽しみが増えたぞ(こんなんで勉強できるかな(^^;

今回入手したPCパーツは2006年製、メインマシンのMac miniはlate2006モデル、初めて自分のパソコンを持ったのが2006年。何かと縁の多い年です。



あと、ちょっとした報告を。Xperia、予約しちゃいました。

キッチンタイマーで時間管理

イメージ
今日はお気に入りのアイテムを紹介します。


キッチンタイマー。見たまんまのキッチンタイマーです。タイマー以外の機能は何もありません。


怠け者なので毎日ダラダラしがち。そんなときライフハッカーのとある記事の「時間管理にキッチンタイマーを有効活用すると良い」と書いてあったので実践してみました。

普段から、その日にやることは手帳に書き込んでチェックはしているのですが、やることやらないで遊んだり、一つの作業に時間をかけすぎて他のことができなかったり。。。

そんなとき、キッチンタイマーの出番です。

「5分だけ休憩」とか「この作業は後1時間だけ」など、こまめに時間を区切っていきます。目の前で刻々とカウントダウンが進むので時計を使うよりも残り時間が明確になるし、時間になればアラームが鳴ると思うと自然と集中できる気が。

気づけば緑のものがいっぱい
送信者 未熟者