投稿

4月, 2010の投稿を表示しています

iTunesとXperiaを同期 ※doubleTwist使わないよ!

イメージ
タイトルどおりです。
Xperiaへの音楽の転送はdoubletwistを通してやっていました。しばらく使っているうちに不満も出てきたので。
まずは手間がかかること。iTunesのライブラリからプレイリストまで全部読み込んでくれるのはいいのですが、読み込みがすごく長い。iTunes側でプレイリストに変更を加えたら、もう一度iTunesのライブラリを読み込まなくては変更が反映されないので読み込みの頻度は少なくなく、その分ストレスになります。起動時の自動iTunes読み込みも時間がかかるのであまり有効とはいえませんし、正直うまく動いてない。
また、一部ファイルが文字化けしてしまうことがありました。原因はMP3のタグの文字コードのようで、「Shift jis」だとdoubleTwistに読ませた際に文字化けしてしまうようです(iTunes自体はShift jisとUTF-8に対応)。Xperia自体はShiftJisだろうがUTF-8だろうが問題ないので、doubleTwistでいちいち文字化けさせてから転送してることになります。

多少の不便があるのはしょうがないし、文字化け問題もiTunesのタグ変換機能を使えばいいのかもしれません。
でも、いちいち文字化けしてるファイル探す作業もメンドウだし、どうせならiTunes単品ですべての音楽管理をしたい。ってことで前置きが長くなりましたがその方法を紹介します。

iTunes単品とはいっても、ホントに単品じゃあXperiaとの連携はできないので、いくつかの補助ソフトをつかいます。

iTunes Agent
これは指定したiTunesプレイリスト(またはプレイリストフォルダ)に含まれている音楽ファイルを、USBメモリなど任意の場所に書き出すソフトです。
iTuxxxListConverter
こちらは指定したiTunesプレイリストを、一般的なプレイリストの形式「m3u」やWMPのプレイリスト形式「WPL」形式で書き出すソフトです。

この2つのソフトを使います。


まずはXperiaに転送したいプレイリストを書き出してしまいます。
iTuxxxListConverterを起動するとこんな画面になるはず。
送信者 未熟者Xperiaでも使えるようにするために「リストファイルからの相対パスで書き込む」にチェックを入れておいてください。
あと…

iPadの登場で変わること

ここ一週間ほど、高校の文化祭準備で大忙し。PC起動すらしてませんでした。


米国で既に発売され、そのほかの国でも発売が待たれている「iPad」 最近はニュース番組もこの手の情報に手を伸ばしているようで、高校でも「iPadって何?」って声をかけられることが多くありました。
困ってしまうのが、その問いかけになんと答えるかというトコロ。「パソコン」ではないし「デカイiPod touch」というだけのモノでもない。そうなるといったいコレは何なのか?

自分の経験から言って、パソコンやデジタルに特に関心が無い高校生の中のデジモノカテゴリーは

・iPod
・携帯電話
・パソコン

以上の3つでないかと思われます。
これがどーゆーことかと言うと、
例えば僕がZuneを持ってたとします。同級生Aにそれを見せると

A「なにそれ?」
僕「音楽聞いたりビデオを見たりできるマルチメデ。。。」
A「ああ、iPodみたいなのね」

こんな感じ。特に興味が無い人にとっては「音楽が聴ける」ということが重要なのであって、「ソフトウェアの使いやすさ」とか「対応している音声形式の種類」なんてのは気にしていないワケです。気にしてなきゃ、違いなんて分からない。PCも一緒、馴染んだWindowsを除けば、MacとUbuntuも同じに見えるでしょう。

話を戻しましょう。「iPad」とは何か? です。上に書いたようにiPadを「パソコンでもiPodでも無い」とすると、多くの高校生(=デジタル機器に特に興味を持っていなかった人全般)に「iPadとは何か」を説明できないことになります。だって分類できないんだもん。

実はスマートフォンにも同じ現象が起きているのではないでしょうか?
スマートフォンは、多くの高校生が想像する「ケータイ」とは違った端末です。今まではスマートフォンのユーザーのほとんどが、それを必要として使うビジネスパーソンであったために、高校生に「スマートフォンとは何か」を説明する必要はありませんでした。iPhoneが登場した際は「iPod+ケータイ」というカタチで分類することができました(ホントはもっと奥深いものですが。。)。
問題なのは「Xperia」 カッコイイCMで有名になり、口コミで噂も広がり大人気となりました。ですが「Xperiaとは何か」を分かっている高校生はとても少ないのが現状です。「それってケータ…

Xperiaレビュー3:PCと連携

XperiaをPCに接続すると「SDカード」として認識されるので、データ転送に専用のソフトウェアを用意する必要はありません。しかし音楽や動画などは一つ一つコピーしていては手間がかかるし管理も面倒。iPodにはiTunesという強力な母艦があるから使いやすいんです。
ってことで、今回はXperiaのマルチメディアの管理についての実験です。幸い、自分の手元にWIndowsもMacもあるので両方の環境で試してみようと思います。
ポイントは以下の2つ

・ソフトウェア自体の使い勝手
・今までの音楽データ(iTunesのプレイリストも含め)が使用できるか

また、Xperiaの仕様についてのポイントは

・PC側の認識は「SDカード」
・Mediascapeのプレイリストは独自仕様ではなく「m3u」など

要するに、便利な汎用デバイスってコト。「MediaGoが動かないからMacで使えない」なんてことはありません。


いろいろと調べていくつか使えそうなモノを探してみました。

MediaGo for Windows
・純正ソフト。
・インストール時にiTunesの音楽データをインポートできます。ただし、プレイリストについてはインポートできません。
・リムーバブルメディアなら何でも同期可能です。使用する容量も指定できます(16GBのSDカードでも、音楽を入れるのは4GBまでとか)。
・音楽以外にも動画、画像の管理もできます。
・接続されたリムーバブルメディアの中に入っている音楽・動画・画像ファイルを自動認識。そのままPCにインポートできます。

管理性についても特に不満は無いのですが、Xperiaとの連携に不満あり。MediaGoで作成したプレイリストを転送できませんし、「純正」とはいっても同期は単にデータをコピーしてるだけ。iTunesに比べて「ちょっと使いづらいかな」

doubleTwist for Windows/Mac/Linux
・OSを選ばなければデバイスも選ばない。Xperiaだけとは言わず携帯でもスマホでもPSPでもok。MacでもLinuxでも動く。
・iTunesライクなUIで非常に使いやすい
・iTunesやWMPからライブラリを読み込める。プレイリストまで読み込んでくれます!

非常に使い勝手のいいソフト。以前からPSPの音楽・動画の管理に使っていました。Xperiaにプ…

HDS721050CLA362のベンチマーク

イメージ
知ってますよ。このブログに来た一番の理由が「Xperia」だってコトは。おとといからアクセスの2/3以上が「Xperia」を含んだ検索によるものですからね。
「Xperiaの情報が知りたいのにHDDのベンチマーク情報なんていらないよん」って思うかもしれませんが
依然としてこのブログのアクセス元のトップは、検索ワード「HDS721050CLA362」なんです。


ってコトで、ついにとりました、ベンチマーク。自作PCのVistaにてCrystalDiskMarkでとりました。

まずはHDS721050CLA362
 HDDの標準ってのがわからないのでなんともいえませんが、比較にSeagateの7200.10の320GBモデルふが手元にあったので、比較としてそちらも計測。
「冗談か?」と思うほど、速度が違います(笑
1000MBあたりで取ったベンチマークなので、100MBあたりの計測にすれば結果は変わってくるのかもしれません。とりあえず参考までに。HDDの中身はクローニングソフトを2段階に使って完全に同じ状態を再現しています。使用領域は100GB程度です。
今までベンチマークをとる必要があるようなPCを使ったことが無かったので、結果が良いのか悪いのかすらわかりません。。



次回はXperiaにインストールしたアプリの紹介を行おうかと思ってます。Xperia目当てで来た人は、忘れずにブックマークして、2,3日したらまた来てください(笑

Xperiaレビュー2

イメージ
前回の記事では外見のことについて軽く書いたので、今回は中身のほうを見てみようと思います。Androidのアプリのレビューはすでに多くの方がなされていますので、Xperiaの独自機能を中心に見ていきたいと思います。

まずはホーム画面。ホームは3面で構成されています。

センター
送信者 未熟者
ライト
送信者 未熟者
レフト
送信者 未熟者すでにカスタマイズしてます。ホーム画面のレイアウトは簡単に変更できます。たんにアプリのショートカットを配置するだけでなく、ウィジェットを配置できます。

続いてXperiaの独自アプリ、TimescapeとMediascape
まずはMediascape
送信者 未熟者
ミュージックからビデオ、・フォトまで、マルチメディア管理ができます。
ミュージックはアルバム・アーティスト・プレイリストなどでソートできます。またXperia単体でお気に入り登録やCD情報の取得などもできます。
送信者 未熟者
音楽再生中の画面です。上の「インフィニットボタン」を押すことで、アーティストやアルバムについて、WebやYoutubeで検索が行えます。
送信者 未熟者YouTube検索はとっても便利。気になるアーティストのほかの楽曲を即座に検索、試聴することができます。友達から借りたCDやレンタルショップで借りてきたCDが気に入ったときに役に立ちそうです。

続いてTimescape
Facebook・mixi・Twitter・メール・着信履歴・カメラで撮影した画像など、自分のとったコミュニケーションが時系列に並びます。もちろん個別に表示することも可能。
送信者 未熟者使わない機能は非表示にもできます。
送信者 未熟者
お次はカメラ機能。静止画・動画ともに撮れます。
送信者 未熟者手振れしててあまりキレイに見えませんが、ホントはもっとキレイにハッキリ写ってます。

設定画面は非常に見やすいです。
送信者 未熟者送信者 未熟者GPSをONにしてあればジオタグも使えます。もちろんそのまますぐにメールやTwitterで撮影した写真をみんなに見せることもできます。
送信者 未熟者これはAndroidの便利な機能の一つ「共有」機能です。あるアプリで使用しているデータを他のアプリで使用することができる機能です。

カメラでは撮影した静止画や動画をTwitterクライアントアプリと共有し、Twitp…

Xperia購入しました!

イメージ
ついに発売されましたね、Xperia。さんざんTwitterで「発売日に受け取りにいけそうも無い」なんて言ってたのに、気がつけば4月1日の閉店ギリギリのドコモショップに滑り込んでました(笑

すでに多くの方がモニター機でのレビューをしていらっしゃいますし、コレだけの人気があると今後もレビュー記事はますます増えていくでしょうから、気楽なレビューにさせていただきます(使いこなせてない言い訳


送信者 未熟者カラーはブラックです。海外版のCMとか見てて、ホワイト綺麗だなー。かっこいいなぁ。 なんて思ってましたが、高級そうなイメージと父の直感でブラック。気休めかも知れませんが縮小色のほうがいいかななんて。
液晶は非常に美しく、Xperiaのロゴがブラックの筐体に映えます。


送信者 未熟者裏面はラバーっぽい質感に加工してあります。実際はプラ製なので適度に滑りますし、ホコリがつくようなこともありません。
実はこの背面、ブラックを選んだ理由のひとつでもあります。プラ製かつ光沢仕上げだとどうしても傷が付きやすいし、目立ってしまいます(PSPお持ちの方ならわかるはず)。なのでこの加工は非常に重要です。
写真はありませんが、カメラのレンズは背面カバーより凹んでいてレンズが傷つく心配はほとんどありません。


送信者 未熟者広くて高精細な液晶。480*854の解像度は伊達ではありませんでした。綺麗に写真に取ることができなくて残念です。。

送信者 未熟者続いてACアダプター。付属してくるACアダプターとmicroUSBケーブルはXperia専用のモノだそうです。(ケーブルはポケットシンクデュアルの赤い端子なら使えるとのコト)ちなみにACの写真はXperiaで撮影、そのまますぐにPicasaにアップロード。非常に便利です~

とりあえずざっと外観のレポートでした。