投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

LinuxでXperia X10を2.3に(FlashTool

イメージ
長らく放置していたXperia X10をGingerBread化、評判のThGo ver15入れてみたのに備忘録。LinuxでFlash toolって普通に動くのね(Javaですし。
作業環境はXubuntu11.10。Xperiaはドコモ2.1ROMにxRecovery導入済み。


手順としては
Android SDK、Flash toolの準備 ベースバンド変更、2.3対応xRecoveryの導入、標準2.3化ThGo導入 一度標準2.3にする必要があるのかどうかわかりませんが、やったとおりに記載。

1.ダウンロード
Android SDK~/android-sdk-linux/tools/andoridを実行。Toolsのヤツだけ入れておけばいいと思う(多分。  Linux用Flash tool Javaちゃん入ってればX10flasher.jarを実行すれば動く。 ベースバンドと標準2.3下のDownloadsから。両方解凍。 ベースバンドの「X10i_3.0.1.G.0.75_only kernel_baseband.ftf」は~/FlashTool/firmwares に入れておく「prerooted_X10i_3.0.1.G.0.75_fixed_rec」はフォルダごとX10のSDカードのド/xrecovery/backup 以下に置く xRecovery下のDownloadから。 xRecoveryで焼くのでそのままSDの適当なところへ。Thgo下のDownloadsから。  ThGo本体のZipだけ。アドオンとかカーネルはよくわからん( xRecoveryで焼くのでそのままSDの適当なところへ。 2.作業
Android SDKを準備PATHを通しておきます。
export PATH=$PATH:/ほげほげ/android-sdk-linux/platform-tools
こんな感じでPATHを通しておけば、adbコマンドを使用する際にフルパスを指定しなくても adb とさえ打ち込めば使えます。デバイスファイル /etc/udev/rules.d/51-android.rules を生成。中身に「SUBSYSTEM=="usb", SYSFS{idVendor}=="0fce", MODE="0666&…

Xubuntu11.10にお引越し

イメージ
前回に引き続き今回はソフト編。Ubuntuを卒業しXubuntuに移行です(変わってない
ちょいと前のエントリーで「Unityと仲良くできそう」なんて書きましたが、無理でした。

基本はUbuntuと大差ありません。なので何も考えなくても大抵のモノは動きますしUbuntuソフトウェアセンターも使えます。コレだからUbuntuから離れられない。
標準では軽さ優先のアプリケーションばかりなので、LibreOfficeをはじめとするいつものアプリケーションたちを一気にインストール。

sudo apt-get install libreoffice gpicview comix p7zip ruby1.9.1 ruby-gnome2 libnotify-bin mozc-utils-gui mozc-server ibus-mozc

これでmikutterも動く。あとは/homeをそのまま引っ張ってくればおしまい。/homeは別パーティーションに分けておくと再インストールしても再マウントするだけなので便利。コピーしてペーストするよりラク。

標準GUIで色々設定できるのも魅力。X61sのXGAという箱庭を快適に使うために、設定マネージャー>外観 でフォントサイズは9、DPIは90に設定。Firefoxのフォントは12。


Lubuntuも使いましたが、Xubuntuの方が好みでした。すごく気に入ったのでT61もXubuntuにしました。
アニメーションが全く無いのでワークスペース遷移の際に左右どっちに動かしたのかわからなくなったりしますが、それ以外特に不満も無いのでしばらくはXubuntuを使ってみます。

2/28追記
Libre office、そのままだと文字化けしちゃってメニュー全部豆腐。libreoffice-gnomeを入れれば直りました。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
コレをやらなきゃはじまらなかった。

X61sにintel N6300

イメージ
X61系を2台持っていても両方同時に使うことは殆ど無いので、父に今まで使用していたX61を譲り、先日新たに入手したX61sを自分のモバイルマシンにすることにしました。ということで
X61sをセットアップしました。今回はハード編。

n対応はLenovo用4965AGNへの換装が王道ですが、SATA2解放にも使ったmodBIOSを当てると、社外品の無線LANカードも使えるようになります。ということでちょっと新しめのN6300です。

N6300はハーフサイズなので装着にはエクステンダーが必要です。エクステンダーの取り付け用ネジの向きに注意してください。ネジが基盤を圧迫して起動しなくなります(なった。焦った。

N6300に換装したところ、4965AGNよりも発熱がかなり改善されました。いちいち20Mhzだの40Mhzだの設定をいじらずとも、300Mbpsで接続してくれます。アンテナ2本で大丈夫。

SSDをX61から持ってきてRAMを積んでハードはこれでおしまい。ThinkPadはこうやっていじれるのが楽しいですね。情報もパーツも多くて。RAM積んでる時に気が付きましたが、このX61s、SIMカードスロットがついてます。

ウルトラスリムAC/DCアダプター入手!!

イメージ
Lenovo90WウルトラスリムAC/DCコンボアダプターを入手しました。なんと秋葉原で箱入り保証なしで1980円(Lenovo定価12000円以上!!)。驚きの価格で即座に確保しました。
FRUはレノボ直販のモノとは異なります。Google検索では英語ページなどが引っかかるので海外版の横流し品でしょうか。ちゃんと使えたのでOKです。

メガネケーブルの端子と

専用コネクタの端子がついてます。専用コネクタには専用のケーブルを接続。


ケーブルは分割可能。標準で二股分岐ケーブルがついてました。二股分岐を使わず、直接ケーブルにコネクタをつけることも出来ます。

標準で20VThinkPad用コネクタとUSBコネクタが付いて来ました。このコネクタを交換することで色々な機器に対応できるようです。レノボ直販でiPod用コネクタや16VThinkPad用コネクタが売ってました。X40にも使えるのはうれしい。

ACコンバータと標準65Wアダプタとの比較


横に広がっているものの、縦の長さは変わらず。厚みは半分です。薄いほうがカバンの収まりがいいので重宝しそうです。


こちらはDCコンバータ。シガーソケットや飛行機の電源端子からはコレで電源端子を取ります。シガーソケット端子を外すと、あの飛行機用の3本端子が出てきます。
コレを使う際はACコンバータを外して、ケーブルをこちらに挿します。だからケーブル着脱式なんですね。

こんなケースも付属


これだけコンパクトで90W対応。しかもUSB機器も同時に充電できる。モバイル用の充電器はコレ1つで済みそうです。ケーブルが着脱できてACコンバータもすごく薄いのでカバンの収まりもすごくいい。定価は高すぎる気がしますが、ThinkPadとUSB機器の充電器を日常的に持ち歩く人はきっと買えば満足できる商品だと思います。