投稿

7月, 2013の投稿を表示しています

STREAM X(GL07S)入手!!

イメージ
ついに回線増やしてしまいました。

今回入手したのはGL07S、Emobileから出ているHuawei製端末です。簡単なスペックは以下の通り
CPU;K3V2 1.5GhzクアッドコアRAM;1GBROM;32GB(microSD非対応)DISP;4.7int 720*1280BATT;2350mAh(取り外し不可) 今年春に登場し、本体代割賦込で月々3880円、機種代一括購入で月々2130円という破格値でEmobile LTE回線が使い放題というコストパフォーマンスの良さで注目されていました。さらに先日7月25日、GL07Sがローミングでソフトバンク3G接続に対応。格安で2社の回線が使えるお得な回線となりました。

今回入手したのも、もちろん回線目当て。ソフトバンク3G接続が可能なら、おそらく900Mhzも使用可能=海外SIMフリー端末に最適では?と考えたからです。そんな時調度良くGL07Sの一括0円案件が出てきたので確保した次第です。

前置きが長くなりました。以下レビュー?です。

薄く軽いラウンドフォルム。Optimus LIFEとはケタ違いの持ちやすさ。

カラーは最近発売されたホワイトを選択。

早速SIMを取り出しXperia mini proへ。APNは「em.std」で検索すれば見つかるかと思います。ちなみにem.liteとem.stdの違いはAPNのみで、その他の項目は同一のようです。

APNを設定し、「データローミング」にチェックを入れローミング接続を許可すると、アンテナピクト上にRの文字が表示されインターネットに接続されます。


早速Speed test。新宿駅周辺で場所を変えて2度計測。なかなかの速度が出ていますね。



Xperia mini proは2.1Ghzと900Mhzのどちらにも対応しているためどちらの周波数帯で接続されているのかわかりませんが、新宿を地下を含めて歩きまわっても圏外になる・極端に電波が弱くなるという事はなかったのでおそらく900Mhzに繋がっているのではないかと思われます。ただ、確証は持てませんのでこれについては後日再検証するつもりです(元々900Mhzが使いたくて契約しているので)。


さて、SIMを抜かれたオマケ()のスマートフォンSTREAM X、実は処遇に困っています。
最初はSIM抜いてすぐに売り飛ばしてしまおうと思って…

VAIO type P、Lubuntuアップデートで画面輝度変更ショートカットに対応

イメージ
表題のとおりです。ついにキーボードショートカットで画面輝度の変更が可能となりました。
2chのスレッドに動作報告が上がっていたのですが、昨日手元のtype Pをアップデートし確認をしました。未確認ですがおそらくUbuntuやXubuntuでも同様かと思われます。


バッテリ寿命と密接に関連する画面輝度の変更が容易になったのは朗報ですね。「たったそれだけ」と思われるかもしれませんが、嬉しくて昨日今日とまたtype Pを持ち出しています(最近モバイルはMacBook Airに浮気してました)。

持ち歩く度に「軽さとコンパクトさを兼ね備えたPは正義!」と感じる一方で、LibreOfficeでガリガリレポート書いたりスライド作るにはパワーとバッテリが心許ない。
そんなこんなでウルトラブックいいなぁ思っていたところ、手元に遊休中の初代MacBook Airがあることを思い出して持ちだしていたのでした。悪くはないんだけど、なんだかLinuxがうまく立ち上がらないことが多くて、OS X外で使うのはなんだか負けた気がして、結局ThinkPad持ち歩いたりしてました。

Optimus LIFEをAndroid 4.1.2にアップデート

イメージ
7月3日、ついに我らが愛するモノリスにアップデートが降って来ましたので早速試して見ました。

アップデートによって使い勝手が大きく変わるという事はありませんでした。JBの目玉機能であったGoogle Nowへの対応したほか、通知領域に画面明るさ調整のスライドバーが追加されたました。



また、以前のRAMは「使用560MB+空き130MB=合計約690MB」だったのですが、アップデート後は「使用690MB+空き100MB=合計約790MB」となりました。
実際にRAM量が増えたとは考え難いので、おそらくグラフィック利用分を使用中に加算するようにしたのでしょうか?確かに以前の表示では「RAM1GB内蔵のはずが700MBしかない?」と誤解を与えかねない表示だったので、妥当な変更と言えるでしょう(それでも空きRAMが少ないことに変わりはありませんが。。)。

変更点は以上、というかそれ以外に使っていて違いを感じることはありませんでした。

AnTuTuベンチマークでテストを行ない、アップデート前と結果を比べて見ました。常用環境のまま、再起動語全ての常駐サービスが起動した後のテストです。

アップデート前

アップデート後

スコアが伸び、常用環境でもついに1万点台を出してくれるように。ベンチマークの差だけでは無く、体感でも滑らかな動作になったように感じます。JB化による画面描画のスムージング化によって、スクロールや画面遷移が改善されたためでしょうか。

目立った不具合・使用上の不都合も無く、改善の目立つアップデートですので、「慎重に様子見」とい姿勢の方以外、すぐにアップデートを適用すべきかと思います。

話は変わりますが、Optimus LIFE、音がよろしくないですね。愛用しているBluetoothイヤホン「Plantronics Backbeat Go」で音楽を聴くのですが、音がざらつきハットの様な甲高い高音に至っては割れる始末。
以前Xperia mini proで同じイヤホン・プレイヤーアプリを用いて音楽を聴いていた時とは雲泥の差です。Optimus LTEの音もあまりよろしくなかったのを思い出しました。
「何でもスマホで」と販促するならば、液晶のスペックだけでなく、音などの目には見えないスペックにもこだわっていただきたいですね。。