投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

Xperia mini proのBLアンロック・FMラジオ日本対応・フォント変更

イメージ
ボーイズラry



mini pro、Blogでは1度しか取り上げてませんが、実は使用時間的には今年度最もよく使用したスマートフォンです。気がついたらメイン端末になってしまったため、なかなか弄ることも出来ませんでした。メインですし。

BLのアンロックは公式アンロック。S1toolでアンロックを試みたのですが、上手く行きませんでした。
具体的には、 青色LED点灯、fastboot devicesで認識もするが、いざカーネルを焼こうとすると
$ fastboot flash boot boot.img
 sending 'boot' (4578 KB)...
 FAILED (remote: The Device must be rooted first)
 finished. total time: 0.001s こんな具合に。やり直すのも面倒なので公式アンロックしました。DRMはいらない。
カーネルは適当にすぐ見つかったMESA。ROMはPoboxがすぐ使えるのでICS stock ROM。アンロックせずに使うなら断然軽いGBですが、やっぱりICSをの方が便利です。
CM9.1も試したのですが、ハードキーの入力切替が上手く行かなかったのでやめました。

FMラジオの日本対応はこちらを参考に。

標準状態では中華フォントなので適当なフォントを拾ってきて/system/etc/fontsに追加。今回はモトヤマルベリにしました。
その後、/system/etc/fallback_fonts.xmlを開き、<familyset>の下に以下を追記。MTLmr3m.ttfの部分は適宜読み替えてください。<family> <fileset> <file>MTLmr3m.ttf</file> </fileset> </family> 同じように色んなフォント名が記述されてると思いますが、1番上に追記しましょう。

一連の作業、ファイルのコピーからxmlファイルの書き換えまで端末のみで行えるのがmini proの良い所ですね。もちろん他機種でも可能ですが、ソフトウェアキーボードじゃやる気が起きません。

あとは再起動してちょっとOCしてswap領域作ってみたり…

ヤフオクで泣かないために

先日、X200にintel wifi-link N6300を載せた話をした時に思い出したのですが、現在、intel製の無線LANカードの偽物が結構な数出回っているようです。
幸いなことにこのBlogへのアクセスは年々増えており嬉しい限りですが、反面、ここを見てそれらのパーツの購入に踏み切った方が偽物掴まされるのは心苦しいので書いておきます。

「悪い評価」が複数ある出品者は避ける 当たり前ですが、入札前に確認しておきましょう。重要なのは評価の部分です。「落札者から連絡が無いので、出品者都合で落札を取り消した」場合、出品者に悪い評価がつきます。このような場合は一概に悪質な出品者とは言えません。 評価数が100未満の出品者も極力避ける 悪い評価に比べてあまり指摘されませんが、避けるべきです。
悪い評価がつくとアカウントを作り替える業者がいます。大陸で仕入れてそれなりに安く売っている出品者は相当数の取引をしているはずなので、評価数も高くなります。価格が安くとも異様に評価の少ない業者は以前の取引でトラブルを起こしている場合があります。 以上は避けるべきこと、以下は好ましいことです。
事前に出品者に質問をする 不明な点は入札前に出品者に質問しておきましょう。商品画像は使い回されていることが多いので、商品コンディションについて気になることがある場合は質問しましょう。また、同梱発送の可否などは事前に確認しないと落札した時に送料で痛い目を見ます。 国内発送商品を選ぶ 何らかのトラブルがあっても返品の際に送料があまりかかりません。言うまでもなく買う際の送料も安く済むので、国内に在庫を持ってい出品者を選ぶのが好ましいです。 かんたん決済を使う 出品した経験がある方はご存知かと思いますが、かんたん決済で支払いを受けた場合、取引ナビにて「受取り連絡」が来るまで口座入金されません(落札から2週間経過で自動入金されますが)。偽物を掴まされた場合、お金が業者に渡る前にヤフーに通報しましょう。少々手数料のかかる支払方法ですが、数百円で安心を買うと思えばそう高くもありません。 以前と同じ出品者から買う 言うまでもなく、お得意さんなら双方ともに安心して取引ができます。 「評価」と「通報」を武器に戦う 残念ながら不良品を掴まされてしまった場合、この2つを武器に戦いましょう。前述のとおり、評価数は出品者の…

VAIO type P入手!!

イメージ
ついに買ってしまった。。。
よく見るといっこ前のモニタの記事にちょい映ってますね。

型番:VGN-P61S
CPU:Atom Z550 2.0Ghz
RAM:1GBオンボード
HDD:60GB
こちらは1月後半に購入。ちょうど工人舎の記事で「やっぱりVAIO Pが欲しい」みたいなことを言った2日後くらいです。非常にお安く手に入りました。







X200と比べるとこの差です。小さい。厚みは身近なモノで言うと、3DSと同じような厚みでした。これで8インチディスプレイですから驚きです。
キーボードはX200に比べるとやはり小さいですが、それでも十分打てます。以前所持していたLenovoのideaPad S10eより断然打ちやすい印象です。やはりアイソレーションのおかげなのか、横のキーまで押してしまうことが少ない。小さいキーボードではありがたい仕様です。
左Ctrlは一番外側、そのすぐ横にFnキー。ThinkPadとは逆なのでちょっと戸惑いましたが、慣れました。
液晶はLEDバックライトでかなり明るい。輝度は20%ほどで十分。



事前に下調べしていなかったのですが、標準サイズのバッテリを装着するとフルフラットに。カバンへの収まりが良いです。
標準バッテリでも画面輝度20%で2.5時間ほどもちました。十分。もともと「使うかわからないけどとりあえず持ってくPC」として買ったので。 PCがっつり使うことがわかってるなら最初からX200持っていきます。



小さいだけでなく、軽い。バッテリ装着、SDカード装着済みです。X200の半分以下の重さ。素晴らしい。

OSはXubuntu12.10、Lunbuntu12.10、Archを試した上で、Lubuntuにしました。Xubuntuはちょっと重くて、Archはグラフィックでつまずいて諦め。
チップセット内蔵のグラフィックにクセがあるので、かつてはLinuxインストールも一苦労だったようです。Ubuntu系ですら、今でもサスペンドや画面輝度調整がポンと入れるだけじゃ動きません。ArchはそんなクセのあるグラフィックチップのドライバがAURにあったので試したのですが、あえなく撃沈。
現状Lubuntuでサスペンドも含めて実用に耐えうるレベルで動いています。これについては別に書きます。


価格を言ってしまうと送料込みで13k程なんですが、お安い理由はO…

DELL U2212HM入手!

イメージ
コレは年始に購入。1月の半ばには届いていたのですが内蔵USBハブ機能が不安定且つポート1つ歪んでいたので1度返品してました。

デスクトップPCをさわることはほぼ皆無でノートPCがメインなのでもう外部モニタは買わないだろうと思っていましたが、買ってしまいました。ホントはテレビ買う予定でした。

最近よくウチに来る人曰く「テレビが無いから暇」とのこと。テレビ無しで2年過ごしましたが困ったことなんて何もありません。が、確かに自分で読まなくても情報が入ってくるニュース番組は便利だし、実家を出て以来WOWOWが見れないので海外ドラマも長らく見てません。いっちょテレビでも買おう。今のテレビはHDMIがあるし、VGA端子もあれば外部モニタとして申し分無いだろうと。
デスクに置くので24インチ以下、かつFullHD以上の解像度にVGA端子を持った液晶TVという事で、SHARPのLC-22K7が候補でしたが、いかんせんデザインが気に食わない。カンデラやオリオンにも似たようなモデルがありましたが、片方は評判が悪く、片方は実物を見たところ画質がひどかった。
気に食わないテレビを買うくらいなら外部モニタにチューナーなりレコーダーなりをつなげたほうがいいだろう、それじゃモニタを買おう、という事でコレになりました(前置きが長い。。。

モニタの条件として、LEDバックライト・ピボット機能・24インチ以下FullHD以上・HDMI搭載を挙げ、イイヤマのモデルが該当したのですが、なぜかあまり好きになれかったのでDELL。DELLのロゴの方が好きというのが主な理由です。あと安かった。
HDMI端子はありませんがDVIと映像信号自体は変わりないので変換ケーブルで問題なし。音声はもとより外部スピーカーを利用予定だったので問題なし。
縦画面でやるTumblrは素晴らしいです。ピボット付きでよかった。


テレビは地デジ化でプロテクトガチガチ。プロテクトのかかっているDVDはLinuxで再生出来ないことが多く、Blu-rayなんて夢のまた夢。Windowsでも再生しようと思うと高額な専用ソフトウェアが必要。見るのにお金ばっかりかかってしょうがない。きっと全部廃れて動画は配信が基本、アカウントで紐付けされてどのデバイスでも閲覧できるってのが標準になると思うのでチューナーは安物にします。


前述の通り1度交換したので…

ThinkPadトラックポイントキーボード入手!!

イメージ
これは年末に買っていました。

クリスマスのあたりで、Lenovoのオンランインショップでキーボード50%offクーポンが発行されていました。運良くそのことを知ることができたので、とりあえず購入。送料無料で3000円足らずで購入できました。

基本的にはThinkPadの キーボードと変わりありません。X200に比べると打撃音が大きいきがします(ペチペチというよりダカダカ鳴ります)。サイズはT4xx系と同じなのでしょうかね。X200よりは少し大きいです。



それなりに角度もつきます。


ちょっと想定外だったのがブラウザキーの挙動。
ThinkPadではFowardとBackが割り当てられていますが、こちらではAlt+→とAlt+←が割り当てられています。ブラウザキーの無効化を行なっていた方はご注意ください。


ThinkPad使ってるんだから今更こんなキーボード要らないだろう。なんて思っていましたが、使ってみると案外便利です。外部ディスプレイと接続した時の利便性が格段に違います。
できる事なら無線接続できると嬉しいんですがねぇ。。。

X200スペックアップ

イメージ
見てくださいこの神々しい液晶を。


冗談ではなくホントに明るくなりました。
X200シリーズの液晶パネルは色々と複雑です。過去記事にちょくちょくまとめているのでよろしければ。
X201モデル及びX200の一部モデルは液晶バックライトにLEDを使用しています。以前友人のX200のLED搭載モデルを見せてもらったところ、恐ろしいほどに明るい。明るい液晶は野外での視認性が良いだけでなく、輝度を下げた状態でもCCFL液晶に比べて明るいためバッテリ持続時間の延長に寄与してくれます。これは良い。
そんなことを考えていたところにCore2Duo P8800にLED液晶搭載モデルのX200がお安く出ていたので購入してしまいました。安い理由はキーボードベゼルとボトムケースの破損。追々交換します。
上半身スワップの実験のつもりでしたが、SSDの載せ替える方が早いのでそのままメインマシンに。以前使用していたモデルは金欠のため知人に売却。

スペックアップついでに無線LANカードもスペックアップ。X61sに取り付けていたintel wifi-link N6300に交換します。
所有しているN6300は汎用品なので、mod BIOSを使ってwhitelistチェックを回避します。いつか使おうとどこかで拾ったものを使いましたが、多分これでも動くはずです。

結果こうなりました。

CPU;Core2Duo P8800 2.66Ghz
RAM;8GB
SSD;Crusial m4 128GB
wifi;intel N6300 Ultimate

外装がちょっとボロいので交換したいですが、それ以外は文句の無い構成になりました。
次に手を入れるとしたら、X201のi7システムボードが安くなった時でしょうかね?
もしくはX201s WXGA+モデルを購入です。


※追記
無線LANカード、偽物が出回っているらしいのでご注意を

文鎮化したL-01Dを復活させる

CM10は電池の減りが早すぎたのでCM9を焼いたら再起動ループ。CM10焼き直しても同じ。
諦めてリセット。多分2ヶ月くらい前の話です。今はCM9ですが焼いたところで放置。

基本的にはwikiの復旧方法と同じですが、書き込むkdzをV20cにしてます。V20cからでも簡単にrootとれますし何よりソースが安心の公式。残念ながらWindowsでの作業
以下wikiのコピペみたいなもんです。

必要なもの R&D Test Tool http://forum.xda-developers.com/attachment.php?attachmentid=868756&d=1327321413Small HTTP Serverhttp://smallsrv.com/shttp3.exeSmall HTTP Serverに置くコンテンツ http://forum.xda-developers.com/attachment.php?attachmentid=881057&d=1328022487V20cのkdz http://csmg.lgmobile.com:9002/csmg/b2c/client/auth_model_check2.jsp?esn=<IMEI> 手順 Small HTTP ServerのSettings>HTTP SettingsでPortを9002に変更するC:\shttps\wwwに上記のwww.zipを展開するC:\windows\system32\drivers\etc\hostsに以下を追記する
127.0.0.1 csmg.lgmobile.comR&D Test Toolを任意のフォルダに解凍するKDZ_FW_UPD_ENのフォルダにあるmfc42.dllを削除し、同フォルダにあるWindows Enabler.exeを起動、タスクトレイからONにR&D Test Tool(UpTestEX_mod2_marwin.exe)を起動するselect typeをCDMA、Phone ModeをCS_EMERGENCY、V20cのkdzファイルを選択してcs web upgrade testにて書き込む 手元の環境では95%あたりで勝手に起動、99%でPC側のアップデートソフトウェ…