投稿

7月, 2014の投稿を表示しています

VAIO type G(VGN-G2)入手!G1→G2へ改造

イメージ
モバイルPCをVAIO type PからVAIO type Gに変更しました。
Pは小型で便利でしたが、スペックの低さとその小ささ故の操作のしづらさを感じていました。ガッツリ使おうと思うと小ささよりも操作のしやすさということです。

CPU ;Core2Duo U7600@1.2GhzRAM ;2GB(OnBoard1GB+1GB)SSD ;128GB(Plextor M5M+mSATA→ZIF)DISP;12.1'XGABATT;5800mAh(3~5h稼働)

Gは実測で重さ1.116kgと、Pよりは重くなるものの十分軽量な部類。筐体もこの時代にしては薄くてコンパクト(液晶部分は驚くほど薄いです)。フルフラットなデザインも相まって非常にカバンへの収まりが良いのが好印象です。この軽さでも実測で4時間超持つのがいいところ。装着しているのは大容量バッテリです(ちなみに軽量バッテリでもサイズは変わらない)。

これまでが初期のAtomだったこともあってCPU処理能力には問題なし。低電圧版Core2ですが、Office2013もそれなりに快適に動いています。ただ、チップセットが945GMSと古く、後述のRAM問題にぶつかります。
メモリはメーカーで最大容量2GBと言われています(そもそもチップセットの使用上も2GB)。試しに2GBや4GBのメモリをスロットに差し込んでみましたが起動しませんでした。やはり合計2GBまでしか認識できないようです。RAMスロットが1つしかない且つオンボードメモリが512MBのモデルも有るようなので購入時には注意が必要です。
もともとジャンクとして入手したもので、当初HDDは付いていませんでした。ZIF接続なのでVAIO type Pに搭載していたM5Mを流用しています。接続方式がボトルネックとなるのでそこまで速度は出ませんが、実用上問題のない程度です。

解像度が低いこともあってかグラフィックにもモタツキを感じません。もちろんXGAだけでは狭いので、家にあるWXGA+(1440*900)の液晶に接続してみたところ、それでも処理に遅れることは感じませんでした。
ただ、外部出力が1600*1200までしか対応していないのが残念なところ。プロジェクターではなく備え付けの液晶テレビに接続してプレゼンということもあるので、せめてFull HDを表示でき…