ASUS TransBook T90 Chi 入手!!


久々にPC買ってみました。巷で噂になってから1年以上経つので若干今更感ありますが、それでも感動的なPCでした。買ってまだ1週間ですが使い心地をレビュー。

購入動機

・まともに打てるキーボード
・フルのWindows環境
・軽くて小さい
この3点を満たすモノを求めていたわけです。
最近プライベートで文書を作らなきゃいけない機会が多かったのですが、PCがないと捗らない。仕事終わりに一時間だけ喫茶店寄ってガッと書く、みたいなことを実現するために。
以前は英語キーボードがないとーとかポインティングデバイスがーとか言って買えずにいましたが、職場のPCで日本語キーボードにも慣れ、ポインティングデバイスは諦めたので購入に踏み切れました。

キーボードは文句なし

文句なしの出来でした。サイズ小さいかな?とも思いましたが、全く問題なし。ミスタッチも殆どなくストレスを感じることはありません。しいて言えば樹脂製なので若干軋むのが気になるくらい。ただ、金属製にすると重くなるでしょうしここは仕方なし。バッテリー持ちも相当良いようで電源入れっぱなしで全く問題なさそうです。マグネットが仕込まれているようで、ドッキング時は画面を閉じると自動的にスリープしてくれます。

液晶はやっぱり開かないが視野角広いので問題なし

やっぱり開きませんでした。最初の写真で全開の状態です。膝の上で打つにはもう少し開いてほしかった。ですがタブレットだけあって画面の視野角が広いので、画面が見えないなんてことはありません。設計上上半身が重いでしょうし、どうしようもないですね。

ポインティングデバイスは必須ではないかも

各所で言われているとおりキーボードつけてると画面下部はタッチしづらいですし、そもそもWindowsはポインティングデバイスがあった方が使い易い。
とはいえタッチパネルで大抵のことはできますしなくてもいいかもというのが正直な感想です。一応マウスも持ち歩いてますが外で使ったことは今のところありません。 周辺デバイスそろえるのは楽しいですが、身軽さが半減しちゃいますからね。スタンドアロンで使えるのはいいことです。

USB充電できるのは便利

購入時はそこまで考えていませんでしたが、専用ACアダプタを持ち歩かなくていいのも気が楽です。ACアダプタ自体もX220のモノと比べると圧倒的に小さいので持ち運びが楽です。
しかもある程度の出力があればモバイルバッテリーから充電できるのも素晴らしい。充電の心配がないので基本的にシャットダウンせずスリープで運用してます。
基本的にスマートフォン用にACアダプタとモバイルバッテリーは持ち歩いているので荷物は実質増えませんでした。

スリープ運用でやりたいことをすぐやれる

前述のとおりバッテリーの心配をそこまでしていないので常にスリープ状態です。なので画面を開けば即作業できるのは非常に便利。

コンパクトでそこそこ軽い

一番の魅力ですね。フルのWindows環境が気軽に鞄に放り込めます。立ち上がりの早さとスタンドアロンでの可搬性と合わせて、PCを使うまでの心の障壁が殆どありません。



というわけで機動力が半端じゃないPCです。
今まではPCを持って出かけるとなるととりあえず大きめの鞄をチョイス。一緒にACアダプターを持って行ったので多少かさばりますし、使うときもバッテリー残量を気にしつつACアダプターを鞄から出して設置してと面倒でした。
T90Chiなら軽くて小さいから使うかわからなくても取り敢えずで鞄に入れちゃいます。充電器はスマートフォン用を使いまわせるので気にしない。小さいから新幹線でもカフェの小さなテーブルでも周りを気にせず開けますしスリープ運用だから15分だけでもサッと作業できちゃう。
最近はBlogもなかなか書いてなったけど、これなら更新も捗るかもと思わせてくれるヤツでした。

0 件のコメント

Powered by Blogger.