防水イヤホン JVC HA-ETX30-B 入手!!

※画像はAmazonのものです。

何がすごいってコイツ防水なんですよ。

昨今のフィットネスブームで汗や水に強いイヤホンって色々ありますが、防水を謳う製品ってほとんど無いんですよね。
殆どのモノが防滴性能のみ。防水といいつつIPX3相当(防滴)の性能しか備えていなかったり。

ところがこの製品はメーカーが「水洗い可」と表示している。すごいですね。

説明書を見ると「流水で洗える」「ケーブルは水につけるな」との表記があります。メーカー的にはIPX5/IPX7「相当」であり準拠出ないので注意が必要です。とはいえ水洗い可というのはすごい。
ケーブル部非防水というのがよくわかりませんが、最も水が入りそうも無いので気にしません() ちなみにリモコンユニットがついた同型製品はIPX2相当となっているので気をつけましょう。

音質については、主観によるところが大きいですが、全く問題ありません。
普段使っているBOSEのイヤホンと比べると明らかに劣りますが、不快感無く音楽を聴くことができるレベルです。しいていえば防水のためドライバーユニット部に穴はなく、音はややこもり気味に。

フィット感についてですが、イヤピースは少し固めです。これは水の侵入を防ぐために多少固くしっかりフィットするようになっているのでしょう。
特徴的な角のようなスタビライザーは外耳のくぼみの内側?にしっかりとはめることでイヤホンのぐらつきを抑えてくれます。ただ、これも割りと固めのゴムなので、耳の小さな女性などは長時間つけていると耳が痛むかもしれません。これは取り外すこともできるので、不要と感じれば外してしまえば良いでしょう。

次に防水性能テスト。
これを使いたい場所はもちろんお風呂。防水スマフォであるSHV31と組み合わせてお風呂で使用しました。

イヤホンとスマフォを接続した状態で持ち込み使用。


・音楽を再生しながらスマフォを水没させる→OK
・イヤホンを耳から外し湯船に落とす→OK
・音楽を聞きながらシャンプーして流す→OK

調子に乗って色々やりましたが今でも元気に動いています。
イヤホンはカナル型なので耳に装着してしまえば水分が入ってくることはありません。シャワーを浴びるくらいなら全く問題ありませんでした。今回のテスト結果からすると水泳しながらでも使えるかもしれませんね。雨の中のハイキングなんかにも持って行こうと思います。
イヤホン水没後も問題なく音楽再生はできましたが、イヤピース内部に水が残るので多少音は曇ります。また、スマフォ水没後はイヤホン端子部分に水が残りました。放置しておくと端子のサビ等にもつながりかねないので、しっかり拭きとっておきましょう。
あくまでここ2,3日使ってみてまだ使えているだけなので、将来的には何らかの不具合が出るかもしれません。が、どうせ2000円もしないのでそこは割りきっても良いでしょう(購入時の価格は1639円)。使い捨てじゃないだけでも御の字です。


ということで防水という謳い文句を裏切らない性能を発揮してくれたHA-ETX30でした。
音質も悪く無いですし、万が一破損しても諦められるコスパの高さ。
アウトドアに持ち出したいあなたや、お風呂でエッチなビデオを見たいあなたにオススメです。


0 件のコメント

Powered by Blogger.