投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

ASUS TransBook T90 Chi 入手!!

イメージ
久々にPC買ってみました。巷で噂になってから1年以上経つので若干今更感ありますが、それでも感動的なPCでした。買ってまだ1週間ですが使い心地をレビュー。

購入動機 ・まともに打てるキーボード ・フルのWindows環境 ・軽くて小さい この3点を満たすモノを求めていたわけです。 最近プライベートで文書を作らなきゃいけない機会が多かったのですが、PCがないと捗らない。仕事終わりに一時間だけ喫茶店寄ってガッと書く、みたいなことを実現するために。 以前は英語キーボードがないとーとかポインティングデバイスがーとか言って買えずにいましたが、職場のPCで日本語キーボードにも慣れ、ポインティングデバイスは諦めたので購入に踏み切れました。

キーボードは文句なし 文句なしの出来でした。サイズ小さいかな?とも思いましたが、全く問題なし。ミスタッチも殆どなくストレスを感じることはありません。しいて言えば樹脂製なので若干軋むのが気になるくらい。ただ、金属製にすると重くなるでしょうしここは仕方なし。バッテリー持ちも相当良いようで電源入れっぱなしで全く問題なさそうです。マグネットが仕込まれているようで、ドッキング時は画面を閉じると自動的にスリープしてくれます。
液晶はやっぱり開かないが視野角広いので問題なし やっぱり開きませんでした。最初の写真で全開の状態です。膝の上で打つにはもう少し開いてほしかった。ですがタブレットだけあって画面の視野角が広いので、画面が見えないなんてことはありません。設計上上半身が重いでしょうし、どうしようもないですね。
ポインティングデバイスは必須ではないかも 各所で言われているとおりキーボードつけてると画面下部はタッチしづらいですし、そもそもWindowsはポインティングデバイスがあった方が使い易い。 とはいえタッチパネルで大抵のことはできますしなくてもいいかもというのが正直な感想です。一応マウスも持ち歩いてますが外で使ったことは今のところありません。 周辺デバイスそろえるのは楽しいですが、身軽さが半減しちゃいますからね。スタンドアロンで使えるのはいいことです。
USB充電できるのは便利 購入時はそこまで考えていませんでしたが、専用ACアダプタを持ち歩かなくていいのも気が楽です。ACアダプタ自体もX220のモノと比べると圧倒的に小さいので持ち運びが楽です。 しかも…

防水イヤホン JVC HA-ETX30-B 入手!!

イメージ
※画像はAmazonのものです。

何がすごいってコイツ防水なんですよ。

昨今のフィットネスブームで汗や水に強いイヤホンって色々ありますが、防水を謳う製品ってほとんど無いんですよね。
殆どのモノが防滴性能のみ。防水といいつつIPX3相当(防滴)の性能しか備えていなかったり。

ところがこの製品はメーカーが「水洗い可」と表示している。すごいですね。

説明書を見ると「流水で洗える」「ケーブルは水につけるな」との表記があります。メーカー的にはIPX5/IPX7「相当」であり準拠出ないので注意が必要です。とはいえ水洗い可というのはすごい。
ケーブル部非防水というのがよくわかりませんが、最も水が入りそうも無いので気にしません() ちなみにリモコンユニットがついた同型製品はIPX2相当となっているので気をつけましょう。

音質については、主観によるところが大きいですが、全く問題ありません。
普段使っているBOSEのイヤホンと比べると明らかに劣りますが、不快感無く音楽を聴くことができるレベルです。しいていえば防水のためドライバーユニット部に穴はなく、音はややこもり気味に。

フィット感についてですが、イヤピースは少し固めです。これは水の侵入を防ぐために多少固くしっかりフィットするようになっているのでしょう。
特徴的な角のようなスタビライザーは外耳のくぼみの内側?にしっかりとはめることでイヤホンのぐらつきを抑えてくれます。ただ、これも割りと固めのゴムなので、耳の小さな女性などは長時間つけていると耳が痛むかもしれません。これは取り外すこともできるので、不要と感じれば外してしまえば良いでしょう。

次に防水性能テスト。
これを使いたい場所はもちろんお風呂。防水スマフォであるSHV31と組み合わせてお風呂で使用しました。

イヤホンとスマフォを接続した状態で持ち込み使用。


・音楽を再生しながらスマフォを水没させる→OK
・イヤホンを耳から外し湯船に落とす→OK
・音楽を聞きながらシャンプーして流す→OK

調子に乗って色々やりましたが今でも元気に動いています。
イヤホンはカナル型なので耳に装着してしまえば水分が入ってくることはありません。シャワーを浴びるくらいなら全く問題ありませんでした。今回のテスト結果からすると水泳しながらでも使えるかもしれませんね。雨の中のハイキングなんかにも持って行こうと思い…

KKmoon 59キー 超薄型 ミニ Bluetoothキーボード入手!!

こちらも半年以上寝かせていたものです。相も変わらず写真撮る気も校正する気もないのでそのまま公開しておきます。


小型のBluetoothキーボードを入手しました。
どれが本家なのかわかりませんが、Amazonでは同様の製品が並行輸入・国内正規品を含め複数売られています。



内容に大差は無いと思うので、Prime対象で価格の安い物をチョイスしました。

この製品の素晴らしい点は
小型・軽量・ポインティングデバイス付の3点。特に最後の1つはとても重要です。

Ph
まずはサイズや重さについて。
7-8インチ用を謳うだけあってサイズはNexus7より横幅が少し大きい程度。重量は;;とても軽量。バッテリーを内蔵していてこの軽さなのは魅力です。
バッテリ容量はとても小さい230mAhですが、公称で76時間持ちます。あくまで出先でちょこっと使う程度なら十分過ぎるレベルでしょう。ちなみに充電はmicroUSB。

非常に薄いだけでなく、フルフラットなのがポイント。
ph
おかしな突起が無く、楔形状になっていないので、軽さも相まってカバンへの収まりがとても良いです。キーとパームレスト部分に高低差があると、カバンへの収納時にキーが引っかかって破損する恐れもありますからね。

難点は裏側に滑り止めがなく、デスクの上で安定しません。裏に適当なゴムなどを貼り付けることで快適にタイピングできるようになります。僕はドアクッション用のゴムを四隅に取り付けました。
Ph
筐体の剛性が低く、ゴム足をつけるとタイピング時に中央がたわんでしまうので、極力薄型のゴムを取り付けましょう。今回は手軽さでドアクッションを使いましたが、ホームセンターなどに売っている滑り止め用の薄型ゴムシートを両面テープで貼るのもいいかと思います。

配列はUSです。小型なだけあってキー配列に多少癖はありますが、使っていてイライラすることはそうありません。Enterキーの小ささが多少使いづらくもあります。
Ph
Fnキーと同時押しすることでキーに青色で印字されている機能を使うことができます。
よく使うのはFn+Ctrlのホームボタン機能と、Fn+Winのタッチパッド無効化です。タイピング中に不意に反応することがあるタッチパッドを簡単に無効化できるのは高評価です。

US配列かつキーが少ないので、半角/全角キーがありません。これはAlt+Fn+Q…